FC2ブログ

HAPPINESS NOTE

都市と自然が交差するライフスタイル日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年度田んぼ交流会 収穫祭

141108稲毛収穫祭

ちょっと遅いレポートになりましたが、今年度の田んぼ交流会で育てたお米の収穫祭の様子です。
田んぼ交流会は南房総の棚田で実施していますが、収穫祭はマンションの敷地内で開催しました。夏にみんなで制作したピザ窯を使った焼き芋大会と田んぼ交流会参加者へのお米の配布、そしてこの日集まってくれた居住者の皆さんと新米や味噌などを景品とした大ジャンケン大会!笑顔いっぱいの収穫祭となりました。

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭


まちやが田んぼ交流会を始めて5年。初めは来てくれる人がいるだろうかと不安に思いながらのスタートでした。チャーターバス一台での開催ですので、10〜12家族の申込で満席となります。なので、マンションの規模を考えたとき、決して多くの方に参加してもらえる企画ではありません。ただ、これが続いている理由の一つに参加者同士をつなげるチカラが大変強いことが上げられます。一緒にいる時間の長さや一緒に汗を流すことがその要因なのでしょうか。他にも人気の高い交流プログラムはありますが、田んぼ交流会ほどのつながりを作るまでには至りません。

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭


収穫祭はそんな田んぼ交流会の素晴らしさを未参加の方に伝えていく場でもあります。0才児がいても参加可能な事、決して作業を強制するようなものではない事など、興味はあるけど参加を躊躇している方々に直接語りかけて不安を除いていきます。あとは、田んぼ交流会に参加した皆さんの楽しそうな笑顔を見てもらえれば、語らずとも伝わることもあるようです。

141108稲毛収穫祭

141108稲毛収穫祭


収穫祭の終盤、「来年のスケジュールを教えてくれますか」と複数のファミリーが声を掛けてくれました。こういう声に支えられて,来年の春からまた田んぼの準備が始まります。

<田んぼ交流会のお問い合わせは、 info@ds-machiya.com までご連絡下さい>
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。