FC2ブログ

HAPPINESS NOTE

都市と自然が交差するライフスタイル日記

森のアートガーデン活動開始

<森のアートガーデン KID'Sワークショッププログラム>
フィリピン山岳民族の竹の楽器をつくろう

看板完成


アートガーデン・コヅカ(通称森のアートガーデン)での活動がいよいよスタートです。

14日に宮下さんによる看板も完成し、森の家もきれいに清掃。そして、翌15日に我孫子からバスに乗って14名のゲストがやってきました。

プログラムはフィリピン山岳民族に伝わる、竹の楽器づくりのワークショップ。

アートガーデンのある森を荒らしてきた竹を伐採し、トンガトンという原始的な打楽器とサガイポと呼ばれる竹笛をつくりました。ここと同じく竹の多いフィリピンの山岳地帯で使われている楽器です。この楽器作りで伐採される竹はわずか6本。だけれども、森の再生にむけた確かな第一歩です。竹をはじめて切った子供たちは、自然の中での作業が新鮮だったのか、もっとのこぎりを使いたい様子。毎週遊びに来てくれるとたすかるなあ(笑)。

この橋を渡るともうすぐ
バスを降りて徒歩で約30分かけて森の家を目指します

沢がに発見
途中、いろんな動植物に出会います。ここでは沢ガニを発見!

デッキでランチ02
例のウッドデッキでランチタイム。みんな気持ちよさそう

竹の伐採05
いよいよ竹の伐採。見ての通りの荒れ放題

みんなで運ぶ
切った竹をみんなで森の家まで運びました

竹を運ぶ02
みんなでやれば、こんな事でも楽しそう!

竹を切る
楽器をつくるために竹を必要な長さに切っていきました

宮下さんの笛で合奏
音階の違うトンガトンを手に、宮下さんの合図にあわせて合奏

ヨガ
子供達が楽器作りに夢中になっている間、大人は2階でヨガ体験。

ティータイム
ヨガのあとは、サツマイモを使ったスィーツや地酒も振る舞われたティータイム

夜の森で合奏会
日が暮れた森のなかでの演奏会。音と照明による幻想的な雰囲気が辺りを包み込む

森のアートガーデンはこのように、森の整備(再生)と、アート(クリエイティビティ)を融合させた「自然とつながるアート&エコヴィレッジ」づくりを目指して活動していきます。年内にはHPもオープンしますので、ご支援のほど、よろしくお願いします。

スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment