HAPPINESS NOTE

都市と自然が交差するライフスタイル日記

--

--

スポンサーサイト

20

2015

豚汁400人分作ってみました!

某マンションの防災訓練で頼まれて豚汁を400人分つくることに。作り手はマンションの理事さんたち。女性一人以外は全員男性。そして豚汁隊長になってしまった私。どうなる事かと思ったが、コヅカで作った味噌がよかったのか、おかわり続出。今晩の夕食にと鍋で持って帰る人も(^^) 最初の不安げだった男性陣も最後は笑顔で解散。いい経験になりました。...

28

2011

九州大学大学院の特任准教授として、アジア型サスティナブルシティの研究でがんばっている藍谷さんからのお知らせです。福岡近郊で、建築や都市計画に関心のあるみなさん、面白そうなセミナーなのでお時間あれば是非!以下、藍谷さんからのメールを転載します九州大学では、国際化拠点整備事業(グローバル30)の一環として、海外から非常勤講師を招聘し、持続都市建築システムの講義シリーズを開催しております。今回は、私の恩師...

02

2010

多摩も大雪

Tomoの春待ち服展、無事終了いたしました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。初日以外は会期中とてもよいお天気だったのですが、終了と同時にこの大雪。自宅のある多摩ニュータウンも昨夜から雪がつもり朝目が覚めたらこんな状況でした。積雪は5-6cm。べたついた雪質なので太陽が出ればすぐにとけてしまいそうですが、、、。明日は大山不動尊で節分祭が行われます。むこうは大丈夫でしょうか。...

29

2010

男性用もあります。一押しは黒檀染めジャケット

Tomoの春待ち服展会場を埋めているのは多くは女性ものですが、男性ものはどれもスペシャルです(笑)まずこのブラックのジャケット。なんと黒檀で染められているのだそうです。それも1年かけて何度も染め上げていくという手間のかかったジャケットです。そんなストーリーを聞いただけで欲しくなっちゃいますね。つぎにsoramameお気に入りの藍染めのジャケット。身長175cmで腕も長く肩幅も結構広いsoramameにもfitしました。欲しい...

29

2010

tomoの春待ち服展はじまりました

アートガーデン新春1回目の展覧会です。Tomoの春待ち服 展 ~飾らない優しい服を求めて~ 会期:1/28(木)~1/31(日)11:00~19:00が始まりました。デザイナーのTomoさんは、タイの伝統的な染織を復元し自然素材の服を手掛ける「うさと」で有名なさとううさぶろう氏に師事し、独立後「Tomo Natural Fablics」を設立。タイ・チェンマイにアトリエを構え、現地の人々とともに、手織り&草木染めの服をつくられています。今回は...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。